ホーム > はじめての方へ > 新生児医療について

当院の新生児医療の取り組み

新生児センターは、早産児(妊娠37週未満で出生)、低出生体重児(出生体重2500g未満)、感染症や呼吸障害、黄疸の赤ちゃん達の治療を行う施設です。

当院では年間900人前後の赤ちゃんの治療、30~40件の手術を行っており、小児外科医による赤ちゃんの外科疾患の治療も可能です。

point 1新生児専門の医師、看護師、保育士が
24時間体制で治療にあたっています。

新生児センターは、熊本市民病院や熊本大学病院と連携を取りながら、専門の新生児科医、看護師、保育士が24時間体制で救命救急のための高度専門医療に取り組んでいます。
また当院は熊本県地域周産期母子医療センターに認定されており、県全域からハイリスクの妊娠、出産のお母さんと赤ちゃんを受け入れ、24時間体制で緊急対応を行っています。

point 2NICUをはじめ、国内トップクラスの
最新設備・機器が揃っています。

NICU(新生児集中治療室),GCU(回復期室)には最新の医療設備と機器が揃っています。またハイリスク妊婦健診の設備など様々な設備機器がございます。

point 3ママさんの心のケアを優しい臨床心理士が行います。
なんでも相談してください。

臨床心理士が、お母様方の心理面のサポートを行っています。
月に2回、お茶やお菓子を食べながらの「茶話会」を行ったり、お母様達にリラックスした雰囲気で授乳をしていただきながらの、助産師や看護師による乳房のケアや授乳介助を行っています。
「授乳待機室」と「ファミリールーム」にて育児指導や母児同室も行っています。
診療時間のご案内
診察日月曜日~土曜日
休診日日曜・祝日

※診療科により曜日・時間が異なります。詳細は、下記からご確認ください。

診療時間・外来担当表

面会時間のご案内
病棟9:00~21:00
新生児
センター
10:00~21:00
  • マタニティー サポートサービス
  • 施設案内
  • 求人案内
  • 看護部
  • コアラジャーナル