ホーム > 病院のご案内 > 福田病院の歴史

1907年(明治40年)

 

福田病院は明治40年5月1日、熊本市山崎町に福田 令寿によって開設されました。福田 令寿は熊本英学校を卒業後、英国に留学し、特に当時日本では地位の低かった女性の地位向上のため、産婦人科を専攻しました。

シオン会診療所

 

福田 令寿は病院の隣にシオン会診療所を開設し、夜間、貧しい女性の為に無料で診療を行いました。

1926年(昭和元年)

 

昭和元年、令寿の父杏春が学んだ古城医学校や、令寿の学問の系譜である熊本洋学校に隣接した現在地に移転しました。
古城医学校では、高名な 「北里 柴三郎」 や東大産婦人科教授になった「浜田 玄達」が学んでいます。
又熊本洋学校からは、「海老名 弾正」や「徳富 蘇峰」など、後の日本の思想界を担う人々を輩出しています。

1981年(昭和56年)

 

福田 稠 院長
昭和49年、旧館を解体し、新館が建設され、その後数度にわたり、増改築を行ってまいりました。

1990年(平成2年)

 

福田 稠 理事長、松井 和夫 院長
南棟が完成し、新しくLDR、フィットネスクラブ、喫茶、売店、美容室、マタニティショップができ、 より良い女性のための空間になりました。

2002年(平成14年)

 

新本館が完成

2006年(平成18年)

 

松井 和夫 総院長、東 憲次 総副院長
熊本新生児病院と合併。
福田病院新生児センターとして、新生児の高度先進医療に取り組みます。

 

河上 祥一 病院長、新田 愼 副病院長、後藤 啓 副病院長
周産期の医療の基幹施設として、熊本県内で2番目の地域周産期母子医療センターに認定されました。
福田病院は、女性のライフステージである、誕生から思春期、妊娠出産を迎える成熟期、更年期、老年期に至るまで女性すべての健康を守り,その生活を支援しサポートするウーマンズホスピタルを目差しています 。

診療時間のご案内
診察日月曜日~土曜日
休診日日曜・祝日

※診療科により曜日・時間が異なります。詳細は、下記からご確認ください。

診療時間・外来担当表

面会時間のご案内
病棟9:00~21:00
新生児
センター
10:00~21:00
  • マタニティー サポートサービス
  • 施設案内
  • 求人案内
  • 看護部
  • コアラジャーナル