ホーム > ご相談・お問い合わせ > 特別養子縁組について

特別養子縁組について

「特別養子縁組」とは、何らかの理由で生みの親が育てられない子どもの福祉の増進を図るために、実親(生みの親)との法的な親子関係を解消し、養親(育ての親)との新たな親子関係を始める制度です。
○「特別養子縁組」は養親になることを望むご夫婦が家庭裁判所に審判の申し立てを行い、要件を満たした場合に縁組が成立します。
○特別養子縁組については児童相談所で相談ができます。また、福田病院のように民間機関による特別養子縁組のあっせんについては、平成28年に法律が施行されたことを受けて、都道府県の許可を受けた団体が縁組のあっせんを行うことができます。

厚生労働省「特別養子縁組」リーフレットより一部抜粋

福田病院における特別養子縁組事業

 福田病院は、平成25年から熊本市に第二種社会福祉事業の届出を行い地域連携室 特別養子縁組部門において事業を実施しています。また平成30年7月26日に「養子縁組あっせん事業許可証」を熊本市長より受領しています。

事業の基本方針「子どもの幸せのために」

 「児童の権利に関する条約」では、児童に関するすべての措置をとるに当たっては、児童の最善の利益が主として考慮されるものとされています。また、養子縁組の制度について、「児童の最善の利益について最大の考慮が払われることを確保する」とあります。 「民間あっせん機関による養子縁組のあっせんに係る児童の保護等に関する法律」においても、「民間あっせん機関による養子縁組のあっせんは、児童の福祉に関する専門的な知識及び技術に基づいて児童の最善の利益を最大限に考慮し、これに適合するように行われなければならない。」とあります。 つまり、養子縁組のあっせんの基本理念は「児童の最善の利益のために」行うこと、言い換えれば「子どものベストの幸福」を実現するところにあります。

思いがけない妊娠にとまどう妊婦さんとご家族の方へ

 福田病院は全院を挙げて、妊娠・出産・育児に悩む妊産婦さんとそのご家族からのご相談をお待ちしています。ご相談には、医師・助産師・看護師だけではなく、社会福祉士や公認心理師等も対応しています。また熊本県地域周産期母子医療センター(比較的高度な医療を提供する病院)であり、より安全に妊産婦さんの出産と赤ちゃんの出生をお手伝いすることができます。

子どもを育てたいとご希望されるご夫婦の方へ

 福田病院は「あんしん母と子の産婦人科連絡協議会」に加盟する産婦人科医療機関と協力して、新生児の特別養子縁組委託を実施しています。福田病院では、養親希望のご夫婦より書類の提出を受け、面接、家庭訪問、研修等を通して子育ての準備をしていただきます。

あんしん母と子の産婦人科連絡協議会
診療時間のご案内
診察日月曜日~土曜日
休診日日曜・祝日

※診療科により曜日・時間が異なります。詳細は、下記からご確認ください。

診療時間・外来担当表

面会時間のご案内
病棟9:00~21:00
新生児
センター
10:00~21:00
  • マタニティー サポートサービス
  • 施設案内
  • 求人案内
  • 看護部
  • コアラジャーナル