ホーム > コアラ倶楽部通信 > 2017年実績について

2017年実績について

皆様如何お過ごしでしょうか?
さて、今回の通信は最新の当外来の実績をご報告いたします。H29年(1月~12月)に当外来で妊娠された方は446名いらっしゃいました。
図1
20180531-1
 図1はH29年に当外来でどのような治療を受けて妊娠されたのかをまとめたものです。約30%の方が排卵誘発やタイミング法で妊娠されています。また、AIH(人工授精)の妊娠は20.6%で、ART(体外受精、顕微授精、凍結胚移植)による妊娠は44.9%で年々高率になっています。
また、腹腔鏡手術主に筋腫核出術などにより、着床環境を整えた後移植をすることにより、ART妊娠率が上昇していると思われます。
不妊治療は原則自然妊娠をめざし、タイミング法から開始致しますが、患者様の高齢化や、体外受精に対する認知度があがり安全性が確立されつつあることによって体外受精による妊娠が増えてきていると思われます。しかし、50%以上の方が体外受精をしなくても妊娠できているので、まずは自然妊娠を目指しましょう。
20180531-2
☆AIH(人工授精)について
AIH(人工授精)は毎月できて比較的自然に近い妊娠であり、簡便で副作用の少ない治療です。不妊原因不明の方、軽度精子に異常がある方が適応となります。実際、排卵に近い時間で行いますが排卵の前でも後でも妊娠は可能です。(直後がベストだと考えています。)妊娠率は図2のように40歳を過ぎると、39歳までの方に比べ約2分の1に低下しています。また人工受精は1~2回目の妊娠が多く、3~5回目の妊娠例は1回目の約3分の1程度です。一般的に5回しても妊娠に至らない場合それ以上続けても妊娠する確率はかなり低くなります。4~5回人工授精を行って妊娠しない場合は、ステップアップが必要となります。
図2
20180531-3
図3
20180531-5
☆ART(体外受精、顕微授精、凍結胚移植)について
 図4は年齢別の妊娠率を示しています。
どの年齢層においても全国平均より高い値であり、またAIHの妊娠率(上記)よりかなり高い値です。
しかし40歳より急激に低下しており、治療回数も増えています。高齢化による卵子の数と質が低下することが原因といわれています。40歳代の治療はお金や時間もかかり精神的負担も増します。その割には努力が報われないことも多いのが現実です。
現実には35歳からはすべての治療において妊娠率が低下してきますのでARTも視野に入れながら治療をすすめた方が良いと思われます。
図4
20180531-4
最後になりますが、患者様の思いや努力が実るようにさらに技術を磨いていきたいと思います。どうぞ宜しくお願いいたします!!

コアラ倶楽部通信

過去のコアラ倶楽部通信をご覧になれます。

診療時間のご案内
診察日月曜日~土曜日
休診日日曜・祝日

※診療科により曜日・時間が異なります。詳細は、下記からご確認ください。

診療時間・外来担当表

面会時間のご案内
病棟9:00~21:00
新生児
センター
10:00~21:00
  • マタニティー サポートサービス
  • 施設案内
  • 求人案内
  • 看護部
  • コアラジャーナル