ホーム > 看護部 > 看護部の活動紹介

活動紹介

最近の活動

9月27日
看護管理者研修「看護実践に活かす!リフレクション」
9月26日
現任教育「看護研究の研修③~研究のまとめ方(論文作成と発表)~」
9月25日
合同症例検討会
9月22日
九州新生児研究会にて「育児ノートの現状と課題~母親と看護師への意識調査を行って~」発表
9月21日
ME器機勉強会
9月15日
熊本看護協会 母乳育児支援研修参加
9月14日
WEB研修基礎習得
9月12日
病院全体防災訓練
9月11~13日
熊本市内の中学生のナイストライ(職場体験学習)あり
9月10日
救急シミュレーション
9月9日
あんしん母と子の産婦人科連絡協議会5周年報告会、講演会参加
9月7日
第39回熊本新生児合同カンファレンスに参加
9月5日
第217回熊本周産期懇話会「虐待予防の支援に関連した話題」に参加
9月4日
Dr.茨勉強会
9月2日
永年勤続者食事会開催及び私的医療機関看護師等従業員表彰式
8月28日
合同症例検討会
8月27日
救急シミュレーション(死戦期帝王切開)
8月25日
全体研修会(医療安全、感染対策等)
8月23日
ハラスメント研修「ハラスメントの予防と対策」
8月22日
熊本周産期懇話会一寸遅めの暑気払い参加
8月19日
夏祭り
くまもんが登場し大いに盛り上がりました。暑い中、大変多くの方にご参加いただきありがとうございました。
8月17日
明日の看護を考える会研修「大規模災害における危機管理~熊本地震の経験を活かしたBCP作成~」
8月10日
NCPRフォローアップ研修のため菊陽レディースクリニックへ講師派遣
8月10日
新人集合研修
同期の新人助産師・看護師が集まり、楽しく研修や情報交換ができました。菊陽レディースクリニックからも2名参加がありました。
8月7日
Dr.茨勉強会
8月3~5日
第27回母乳育児シンポジュウム参加
8月2日
現任教育研修「コミュニケーションスキル」



専門領域での看護部の活動

体外受精コーディネーター、不妊カウンセラー、新生児蘇生法「専門」コースインストラクター、新生児蘇生法Aコース認定、臨床実習指導者課程修了、医療安全管理者研修終了、思春期保健相談士、特定化学物質等作業主任者技能講習終了、医療ガス保安講習終了、看護必要度評価者院内指導者、ファースレベル研修、セカンドレベル研修、マタニティービクスインストラクター、マタニティーヨーガインストラクター、ベビーマッサージなど

<IVF(体外受精)コーディネーター>

不妊治療において、特に体外受精や顕微授精などの高度生殖医療(ART:ART:Assistted Reproductive Technology)を受けられる人々にたいして、ARTに関する適切な情報提供活動を行い、カップルが最適の不妊治療を選択することができるように不妊カウンセリング.ケアの実践や研究活動を行っています。
当院での活動内容としては①電話相談②個別カウンセリング③診察の介助及び補足説明④ARTスタッフの勉強会⑤説明用紙作成などの情報提供⑥体外受精を受ける方のサポート⑦患者とさまざまな医療職種間をコーディネートするなどです。

TVFコーディネーター 看護師 山口ひとみ

<新生児蘇生法「専門」コースインストラクター>

専門領域での活動:
当院は、医師4名・看護師3名が『新生児蘇生法「専門」コース』インストラクターライセンスを取得しており、講義や実技指導を行っております。
『新生児蘇生法「専門」コース』とは、出生時に胎外呼吸循環が順調に移行できない新生児に対して、いかに心肺蘇生法を行うべきかを学ぶための講習会です。より多くの分娩に、新生児蘇生法を習得した医療スタッフが新生児の担当者として立ち会うことが出来る体制の確立を目指しています。

<思春期保健相談士>

子どもから大人への過渡期(思春期)は、精神的・身体的に成長・発育していく重要な時期です。この時期は家族や友人あるいは社会の環境に大きく左右され、時に様々な問題に遭遇し、その問題にのみ込まれてしまうことがまま起こります。そのような思春期の子どもたちに、専門的な知識とカウンセリングスキルを持ち、適切に対応しサポートするカウンセラーが思春期保健相談士です。
当院では思春期保健相談士の認定を持つ助産師が中心となり、思春期女子の性の悩みとその相談、家族への対応を行っております。 お気軽にご相談下さい。

思春期保健相談士 助産師 田中優子

<マタニティーヨーガインストラクター>

院内スポーツ施設コアラウエルネスで、マタニティヨーガの指導を行っています。妊娠中のマイナートラブルの改善やお産に向けた体づくり、心構えができ呼吸法が役立ったとの言葉を頂くととても嬉しくやりがいを感じます。また、逆子教室では、ヨーガの要素を取り入れた逆子改善の指導を行っています。マタニティヨーガインストラクターの学びや経験によって、助産師としての指導の幅も広がっています。

私もヨーガの授業を受けて、陣痛に対する考え方がかわりました。こわいと思ってたけど、今では楽しみです。『いいお産ができそう』そんな言葉をもらう時が、ヨーガの指導をしていて一番嬉しい時です。ヨーガの知識・ポーズを伝え、逆子に効果があったと喜んでもらう時もあります。毎回、自分自身も癒されながら、楽しく授業しています。

院内スポーツ施設コアラウエルネスで、火金の週2回、マタニティヨーガの指導を行っています。妊娠中のトラブルの改善やお産にむけた体づくりに役立つよう、呼吸を意識しながら色々なポーズを一緒に行います。ヨーガの呼吸法、ポーズを習得することは出産時の精神的不安を軽減し、スムーズなお産にも役立ちます。又、逆子改善に効果のあるヨーガの要素を紹介する逆子教室を、第2・4木曜ゆうかりホールで行っています。それぞれお気軽にご参加下さい。(要予約)

マタニティヨーガインストラクター 助産師 高田雅美

診療時間のご案内
診察日月曜日~土曜日
休診日日曜・祝日

※診療科により曜日・時間が異なります。詳細は、下記からご確認ください。

診療時間・外来担当表

面会時間のご案内
病棟9:00~21:00
新生児
センター
10:00~21:00
  • マタニティー サポートサービス
  • 施設案内
  • 求人案内
  • 看護部
  • コアラジャーナル