ホーム > 入院案内 > DPC対象病院

当院は、平成23年4月1日より入院医療費の計算方法が変わります。
DPC(包括評価払い方式)という新しい医療費制度の対象病院となります。
DPCとは、従来の診療行為ごとに料金を計算する「出来高払い方式」とは異なり、入院される患者さまの病気や病状をもとに、処置などの内容に応じて定められた1日当たりの定額の点数を基本に医療費を計算する新しい方法です。
定額の点数には、入院基本料や検査、処置、投薬、注射、画像診断等が包括されますが、手術やリハビリテーション、一部の検査・処置等については従来どおり「出来高払い方式」で算定されます。

DPC会計方式イメージ図

この制度は厚生労働省により定められ、すでに全国の大学病院・総合病院など1400の医療機関で実施されています。
「DPC」とは医療の質の標準化を目指すものであり、単に支払方式の改革というだけでなく、良質な医療、効率的・効果的な医療、医療の透明化等を図るために実施されるものです。本制度へのご理解ご協力をお願い致します。
御不明な点がありましたら、当院医事課(TEL096‐322-2995)までお問合わせいただければ幸甚です。

DPCについてのQ&A

Q1 いつから算定方法が変わりますか?
A1 平成23年4月1日以降に入院した患者様が対象となります。
(平成23年3月31日までに入院した患者様は平成23年6月から対象となります。)
Q2 すべての入院患者さんが対象となりますか?
A2 患者様の病名や診療内容が診断郡分類のいずれかに該当すると主治医が判断した場合、新しい計算方式により医療費を計算します。
なお、診断郡分類のいずれにも該当しない場合や、労災や自賠責保険等の特殊な保険を適用され入院される患者様や正常分娩の方などは、従来どおりの算定です。
Q3 医療費の計算方法はどのように変わりますか?
A3 病名や診療内容により定められた1日あたりの費用をもとに医療費を計算します。
薬や検査などの回数や量では医療費が変わらない包括診療となります。この1日あたりの費用に含まれるものは、入院基本料や投薬、処置、検査、画像診断等で、手術、内視鏡、リハビリ、放射線治療等については従来どおりの計算になります。
Q4 医療費の支払方法は変わりますか?
A4 支払方法はこれまでと基本的に変わりません。
Q5 高額療養費の取り扱いは変わりますか?
A5 高額療養費制度は、これまでと変わりません。
Q6 室料差額、自費の取扱いは変わりますか?
A6 従来通りのお支払となります。
診療時間のご案内
診察日月曜日~土曜日
休診日日曜・祝日

※診療科により曜日・時間が異なります。詳細は、下記からご確認ください。

診療時間・外来担当表

面会時間のご案内
病棟9:00~21:00
新生児
センター
10:00~21:00
  • マタニティー サポートサービス
  • 施設案内
  • 求人案内
  • 看護部
  • コアラジャーナル