ホーム > コアラ倶楽部通信 > 2018年実績について

2018年実績について

今回の通信は、最新の当院外来の実績をご報告いたします。
2018年(1月~12月)に当外来で妊娠された方は432名いらっしゃいました。

図1
図1
 図1は2018年に当外来でどのような治療を受けて妊娠されたのかをまとめたものです。約30%の方が排卵誘発やタイミング法で妊娠されています。AIH(人工授精)の妊娠は21.1%、ART(体外受精、顕微授精、融解胚移植)による妊娠は44.4%となっています。
 このグラフを見てみると、妊娠数は全妊娠数のART 44.4%>タイミング 30.3%>AIH 21.1%でAIHの妊娠数が少なくなっていますが、タイミングなどで妊娠に至らなかった人がAIHに移行しているので、決して妊娠数が少ないわけではありません。
 また、ARTの妊娠率は子宮鏡や腹腔鏡手術(主に筋腫核出術)などにより、着床環境を整えることで妊娠に至っている方も増えています。

トピックス
☆AIH(人工授精)について
AIH(人工授精)は排卵日にご主人の精子から運動精子を取り出し、子宮の中に注入する方法です。比較的自然に近い妊娠であり、副作用の少ない治療です。
原因不明の方、性交障害や軽度精子異常がある方が適応となります。
妊娠率は右の図のように、40歳を過ぎると39歳までの方に比べ約2分の1に低下しています。一般的に4~5回AIHを行っても妊娠しない場合、精子に問題がなければ、それ以上行っても妊娠する確率はかなり低くなるので次のステップアップが必要となります。

AIH
☆ART(体外受精、顕微授精、融解胚移植)について
右の図を見てみると、どの年齢層においても全国平均より高い妊娠率であり、AIHの妊娠率(上記)よりかなり高い値です。
しかし、グラフを見て分かるように妊娠率は40歳より急激に低下しているため、治療回数も増えています。
35歳からは卵子の老化で質が落ち、40歳頃からは排卵を伴わない月経も現れるようになってきます。
また、30歳を過ぎる頃から子宮筋腫や子宮内膜症といった子宮の病気が増えて妊娠しずらくなったり、流産や早産に結びつき  やすくなったりします。
35歳を過ぎた方はARTも視野に入れ、早めに進まれることをお勧めします。

ART
ARTの場合、ほぼ3回目の採卵までで妊娠することが分かっています。
2回失敗しても3回目に成功することも多々ありますので、あきらめずに頑張ってみてください。
質のよい卵子を採るために、採卵の期間は3ヶ月あけていただくようにしています。
その間はその他の治療もできるので、早めに治療を開始した方がよいと考えます。

☆ビタミンDは着床に必要なビタミンです。
ビタミンD効果は卵子の成熟、着床の向上、習慣性流産リスクの低減、免疫力アップなどがあります。一部の食品にしか含ま  れないので、市販のサプリメントを上手に利用しましょう。
また、栄養素は助け合いながら働くので、ビタミンやミネラルなどを合わせバランスよく、ご夫婦一緒に毎日継続して摂取   し、健康的な生活習慣を心がけることで、妊娠力向上を目指しましょう!

コアラ倶楽部通信

過去のコアラ倶楽部通信をご覧になれます。

診療時間のご案内
診察日月曜日~土曜日
休診日日曜・祝日

※診療科により曜日・時間が異なります。詳細は、下記からご確認ください。

診療時間・外来担当表

面会時間のご案内
病棟9:00~21:00
新生児
センター
10:00~21:00
  • マタニティー サポートサービス
  • 施設案内
  • 求人案内
  • 看護部
  • コアラジャーナル