ホーム > 入院案内 > 無痛分娩

~痛みの少ない安全なお産へ~

ご妊娠されて、赤ちゃんへの愛しい気持ちや出産へのイメージなどさまざまな思いを抱きながら毎日過ごされていることと思います。いよいよお産が近づいてきたら、陣痛の痛みに耐えられるのか?と不安になられる方も多いと思います。
当院では、患者様のニーズに少しでも対応できるよう無痛分娩の実施に向けて準備を進めてきました。 これまで慎重に取り組んできましたが、LDRのスペース拡大・設備の充実・麻酔科医の増員を行い、このたび本格的に始動することになりましたので当院で実施している無痛分娩についてご紹介致します。
詳しい内容は下記をご覧ください。
ご希望がある方やご質問がある方はゆうかり倶楽部までお問い合わせください。

陣痛への考えについて

 陣痛とは、赤ちゃんが狭い産道をくぐりぬけて生まれてくるために重要な役割をしています。陣痛によって、赤ちゃんは刺激をうけて呼吸の練習をします。また狭い骨盤を通り抜けるために骨盤の形に合わせて向きを変えながら下降してきます。そのため、お母さんは子宮収縮の痛みや腰、骨盤、外陰部に痛みを感じることになります。分娩に対する不安や陣痛の痛みによるストレスが強いと全身が緊張して産道が柔らかくなりにくいため、分娩が進みにくい場合があります。 「陣痛の大切さは理解できるが、痛みを和らげる方法はないだろうか?」ということで、当院では妊娠中から事前にご希望された方でご家族の同意が得られる方、医学的適応がある方を対象に無痛分娩を行っています。

 

無痛分娩(和痛)とは

 無痛分娩とは、麻酔を使用して分娩時の痛みを和らげる方法です。痛みを和らげるのみで、全く痛みを感じないわけではありません。完全に痛みを取ってしまうと、陣痛とともにいきむことが出来なくなってしまうからです。

 

無痛分娩の方法

 当院での無痛分娩の方法は、硬膜外麻酔という方法で行います。
硬膜外麻酔は、脊髄を覆っている硬膜という膜の周囲にごく細いチューブを留置して、そこから麻酔薬を注入します。
痛みがとれない場合は、腰椎麻酔を行う場合があります。
キャプチャ

 

無痛分娩による副作用

痛みを取ること(麻酔をすること)により以下のような副作用が起こってきます。

 ① 筋力低下(いきむことが難しい)
 ② 感覚低下(陣痛がわかりにくい・わからない)
   そのためにクリステレル圧出法や吸引分娩の可能性が通常より高くなり、陣痛減弱のため
   陣痛促進剤使用が必要になることもあります。
 ③ 血圧低下
   予防的措置として輸液をします。血圧、心電図モニター、分娩監視装置を装着します。
   場合によっては昇圧剤を使用することもあります。

非常にまれな合併症として以下のようなものがあります。
合併症によっては長期にわたり後遺症が残ったり、児に影響を及ぼすことがあります。

 ① 神経損傷
 ② 感染症
 ③ アレルギー性ショック
 ④ 血圧低下
 ⑤ 子宮破裂 膀胱損傷 腟壁血腫
 ⑥ けいれん
 ⑦ 呼吸停止
 ⑧ 局所麻酔薬中毒

 

無痛分娩希望時の流れ

 ① 無痛分娩の希望を申し出られたら、外来で産科医より「硬膜外麻酔による無痛(和痛)分娩の
   説明・承諾書」に沿って説明があります。
 ② ご本人、ご家族の同意のもとに承諾書を提出して頂きます。
 ③ 36週で検査(採血、心電図、出血時間)を行います。
 ④ 麻酔科医による診察、問診、麻酔の説明があります。
 ⑤ 計画分娩か自然経過をみさせていただくのか、産科医より説明があります。
 ⑥ 分娩でご入院の際に、再度、無痛分娩のご希望の確認と承諾書にサイン、同意があるのかを
   確認させていただきます。
 ⑦ 子宮口の開大や分娩の進行状況で硬膜外麻酔を開始します。

 

当院での対象者

① ご本人の希望がある方で、ご家族の同意が得られる方。
  (無痛分娩に理解のある方、産科的、麻酔科的禁忌のない方)
② 医学的適応のある方。
 
 ※原則的に妊娠37週0日以降で、赤ちゃんの推定体重が2500g以上の方が対象です。
 ※無痛分娩についての説明を事前に受け、「硬膜外麻酔による無痛(和痛)分娩の説明・承諾書」
  にご本人、ご家族のサインが必要になります。
 ※麻酔科医の診察、問診や検査が事前に必要となるので、妊娠36週までに申し出ていただく必要が
  あります。
 ※外来での申し出なく、事前準備が整っていない分娩進行中のご希望には対応しておりません。

 

無痛分娩へ対応可能な日程

 ① 当院では、麻酔科医が対応しているため、月~土の昼間のみ(8:30~17:00)の
   対応です。
 ② 妊娠・分娩の経過中で、お母さんや赤ちゃんに何らかの異常がみられた場合は、無痛分娩が
   できない可能性があります。

 

無痛分娩中の制限事項

麻酔開始後は安全のため
 ① 絶食ですが、飲水は可です。果肉や乳製品を含む飲み物は摂取できません。
 ② ベッド上安静で排尿もベッド上です。感覚が低下するため、立ったり、歩いたりすることが
   できません。そのため、導尿用カテーテルを留置することもあります。
 ③ 持続的点滴を行います。必要時は点滴誘導を行うこともあります。
 ④ 心電図モニター、血圧計、分娩監視装置を装着します。
 ⑤ ご家族の方は急変時に備え、出来るだけ院内に待機されるようお願いします。

 

無痛分娩の診療体制について

≪ 勤務医師数 ≫


(2020年8月時点) 常勤医師数 非常勤医師数(常勤換算)
産婦人科医師数 16 3 (1.39)
麻酔科医師数 2 (0.35)
合計 19 5 (1.74)

≪ 無痛分娩の実施実績 ≫


2017年1月~12月 2018年1月~12月 2019年1月~12月
分娩件数 3667 3827 3592
非無痛
経腟分娩件数
2456 2626 2417
無痛分娩件数 16 24
帝王切開分娩件数 1195 1194 1151

≪ 分娩に関連した急変時の体制 ≫

 院内緊急対応体制(Drハート)があり、産科医、麻酔科医、新生児科医、その他院内で可能
 な限りの人員を確保して対応しています。その後必要に応じて熊本大学病院、国立
 病院機構熊本医療センター、熊本赤十字病院、熊本市民病院と連携し、高次医療施設への搬送
 を行います。

≪ 危機対応シミュレーションの実施歴 ≫

 救急シミュレーション、死戦期シミュレーションを毎年3回実施しています。

≪ 無痛分娩麻酔管理者 ≫

 新堀 曜子
 日本産婦人科学会認定産婦人科専門医

≪ 無痛分娩管理者の麻酔科研修歴 ≫

 ①麻酔科研修歴
   研修施設名:鹿児島市立病院
   研修期間:2004年4月~9月

 ②麻酔実施歴
   実施施設名:鹿児島市立病院
   実施期間:2004年4月~9月
   実施施設名:福田病院
   実施期間:2017年1月~

 ③無痛分娩実施歴
   2017年1月~

 ④講習会受講歴
   カテゴリーA講習会

≪ 日本産婦人科医会偶発事例報告・妊産婦死亡報告事業への参画 ≫

参画あり

***************************************
ウェブサイトの更新日時:2020年8月6日

診療時間のご案内
診察日月曜日~土曜日
休診日日曜・祝日

※診療科により曜日・時間が異なります。詳細は、下記からご確認ください。

診療時間・外来担当表

面会時間のご案内
病棟9:00~21:00
新生児
センター
10:00~21:00
  • マタニティー サポートサービス
  • 施設案内
  • 求人案内
  • 看護部
  • コアラジャーナル