お食事について

料理写真

趣向を凝らした3つのレストランで
産前産後を支えるすこやか美食

和・洋・仏のシェフが常駐する3つのレストランで、おいしさと栄養バランスを追求したお食事をご用意しています。「福田病院 母と子の農園」のお米や、阿蘇の「つじ農園」で栽培された有機野菜をはじめとするこだわりの県産食材、無添加食品などを用いた健やかな美食をお楽しみください。

お祝い膳(2020年10月)

  • 母と子の農園米のチュイル
  • リンゴのシャルロット
  • 安納芋のデクリネゾン
  • サーモンのムニエル セップ茸の香るソース
  • 柚子のソルベ
  • ブッフ・ウェリントン
  • 洋梨のコンポート
  • 栗のムース 和三盆のエスプーマ
総料理長写真

総料理長 | 大塚博

福田病院の食には、2つの役割があります。1つは出産という大仕事を終えたママをねぎらい、変化の出やすい産前産後の心と身体を整えること。そしてもうひとつは1日3食の「食育体験」を通じて、退院後の食卓の基盤をつくること。季節と伝統を味わう行事食を大切にしているのはそのためです。和・洋・仏のシェフと手がける料理や盛り付けには、ご自宅で簡単に実践いただけるヒントも満載です。生産者・流通・シェフ・サービススタッフが力を合わせ、皆様のおいしい笑顔とすこやかな子育てライフを支えます。

患者様専用レストランレ・セゾン

レ・セゾンは四季を意味し、四季折々の熊本城を望むことができます。ビュッフェスタイルやセレクトメニューを取り入れ、ピザやパンは焼き立てをお召し上がりいただきます。

  • イメージ写真
  • イメージ写真
  • お祝いディナー

    出産をお祝いしてフランス料理のフルコースをご家族お一人招待しお召し上がり頂きます(現在はコロナウイルス感染防止の対策で患者のみとさせていただいております)

  • ビュッフェスタイル

    朝食はビュッフェスタイルです。(現在はコロナ感染予防でセットメニュー)お好みでコアラ工房の焼きたてパンや料理を選んでお召し上がりいただきます。卵料理はその場でシェフが手作りいたします。

  • ティータイム

    月曜日・水曜日・金曜日の15:00~16:00の午後のひとときをおいしいデザートでゆっくりとお過ごしいただきます。

料理長写真

レ・セゾン料理長 | 福永明春

レ・セゾンでは旬の野菜やフルーツ、肉や魚介など地元産の食材をたっぷり使った洋食をお楽しみいただけます。朝食は焼き立てパンのワゴンサービスやエッグベネディクト等、お昼はカツサンドや、お野菜たっぷりのデミグラスソースで味わうオムライスをお楽しみいただきます。また、季節のフランス料理フルコースでおもてなしする「お祝いディナー」は、ご家族と一緒にお楽しみいただきます。月・水・金の15:00~16:00のティータイムではゆったりとした午後のひとときをお過ごしいただきます。

患者様専用レストラン四季亭

和食・四季亭は、寿司、天ぷら、手打ちそばなどがその場で作りたてをお召し上がりいただけます。ガラス張りの室内からは季節ごとの景色がお楽しみいただけます。

  • イメージ写真
  • イメージ写真
  • 花籠膳

    花籠の中には季節の食材を使った料理が並び、天婦羅や旬の炊き込みご飯を添えています。この日の汁物は刀削麺です。その場で麺を削り出して、やさしい吸地でお召し上がりいただきました。

  • 雲海鍋

    綿菓子を雲に見立てたすき焼き鍋です。温まると綿菓子が溶けてほど良い甘味になります。デザートは季節の紫芋のアイスにご自身でところてんをかけてお召し上がりいただきます。楽しい工夫がいっぱいです。

  • 中秋の名月

    朴葉焼き、秋刀魚の変わり揚げ、ごま豆腐のかぶら蒸し、月見椀、秋のきのこ寿司、安納芋のお月見団子など、秋の食材をふんだんに使用しました。

料理長写真

四季亭料理長 |荒木純也

お好みのネタが選べる握り寿司、職人自慢の手打ちそば、鍋料理、鉄板焼き、さらには季節の料理を味わう花かご膳など、趣向を凝らした創作和食でおもてなしするレストランです。目の前で仕上げる刀削麺(とうしょうめん)は、四季折々の香味を添えた和風だしでお召し上がりいただくオリジナルスタイル。朝食は福田病院「母と子の農園米」を土鍋で炊いたごはんと手づくり豆腐、焼きたての魚にお味噌汁。作りたての味を提供いたします。四季折々の行事食を大切にしています。

患者様専用レストランシンプソンズ

ローストビーフやシュラスコといったこだわりの肉料理をお召し上がりいただけるレストランです。熊本城が見えるテラスにはウォーターガーデンを、店内には暖炉を設えました。

  • イメージ写真
  • イメージ写真
  • シュラスコ

    熊本産の数種の肉をグリルで焼き、その場で切り分けたものをお召し上がりいただきます。シュラスコで使用した肉をゆっくりと煮込んだカレーは人気です。

  • ローストビーフ

    ローストビーフの名店であるロンドンの「シンプソンズ」がレストラン名の由来です。赤身であっさりした肉質を使ったローストビーフです。シェフがひとりひとりのテーブルで切り分けます。デザートのベイクドアラスカは幻想的です。

  • ピンサランチ

    ピンサとパスタが楽しめるセットメニューです。食後のデザートにはティラミスをお付けしました。ピンサは米粉と大豆粉を合わせた生地で作ります。福田病院 母と子の農園米の米粉を使用しています。ピザとの食感の違いをお楽しみください。

料理長写真

シンプソンズ料理長 | 村田巧

ライブ感あふれるオープンキッチンスタイルのレストランです。スライスしたての生ハムや熱々のローストビーフ、ランチタイムには削りたてチーズのシーザーサラダなど、五感をくすぐる料理を心がけています。熊本城を一望する開放感たっぷりの店内はもちろん、テラスでお食事をお楽しみいただくこともできます。シェフのパフォーマンスやスタッフサービス、空間演出も含め、目にも舌にもおいしい非日常の食体験をご満喫ください。